LGBTsを取り巻く環境

近年、地方自治体や各企業によって、
ジェンダーに悩みを抱えていたり、
障害を持っている方がより住みやすい
世の中を作ろうとたくさんの取り組みが
実施されています。

暮らしに関わる大きなところだと、
婚姻については同棲パートナーシップが
各地方自治体にて導入が進められていたり、
LGBTパートナーのための保険・ローンなどの
商品開発が進んでいます。

今後、このような取り組みがより
浸透してくることにより、
LGBTの当事者の方にとっても住みやすい
世の中になっていくことが期待できます。

当事者の方には
悩みを抱える方がまだ多いのが事実

とはいえ、残念なことにLGBTについて、
まだ日本でも様々な問題が発生しています。
教育・職場や学校でのいじめ就職や転職などで
悩まれている方はとても多いのです。

そんな背景もあり自分がLGBTであることを
カミングアウトできずにいる方も5割弱ほど
存在し、
日々ストレスや将来への
不安を抱えている方も少なくありません。

本当の自分を隠して生きるストレスや、
職場・学校でのいじめによって、
鬱などの精神疾患になるリスクも
LGBT当事者の方は高いと言われています。

不動産を通した夢のお手伝い

自分らしく幸せに豊かに暮らして欲しい、
少しでも悩んでいる人たちのサポートになりたい。
プリンセススクゥエアーは理想の住まいを
手に入れてもらうことにより、
お客様の人生を豊かにすることを目的として
不動産売買を行ってまいりました。

これまでには、母子家庭や単身女性の高齢層など、
住宅購入に不利な人と言われる方の購入も
多数
サポートさせていただき、現在も年間1000件以上の
お問い合わせをいただいております。

そのような思いのもと、LGBT当事者に幸せな
生活を手に入れていただくため、
様々な活動を進めております。
外部からのメンターを呼び社員向けのセミナーを
実施したり、2018年・2019年には
「東京レインボープライド」にも協賛いたしました。
また、都内で早くからLGBT専任の担当も設け、
たくさんの方に住まい購入のご相談やご成約、
お喜びの声をいただいております。

現在、LGBTで悩みを抱える人たちが多い現状で、
わたしたちも少しでも悩んでいる
当事者の方の力になれればと考えております。

あなたの人生に寄りそった
ご提案をさせていただきます。
まずは今のお悩みを
相談してみませんか?

  • 賃貸暮らしをやめたい
  • マンションを購入したい
  • 購入の手続きが知りたい
  • 資産形成に興味がある

秘密を厳守いたします。

「自分らしく生きる」ということLGBT専任担当者 岡田 あや

「不動産会社に相談に行きづらい。
行ったとしても、姉妹・親友と思い込まれたり、
偽装しないといけない雰囲気に罪悪感がある。
民泊と思われて相談にのってもらえなかった…」
など、さまざまなお声を耳にします。
マンション購入に関してのお悩みや疑問を、
遠慮なく私たちにぶつけてください!
お客さまと同じ目線で一緒に
「新しいステージ作り」を
目指していけたらと嬉しく思います。

もしよろしければ、
あなたのお悩みをお聞かせください。

秘密を厳守いたします。

2019年 東京レインボープライド 参賀レポート